クリニックで検査をしました

M字ハゲの検査をクリニックでしました。ここで私自身のM字ハゲの検査の経緯をお話します。
わたしは40代前半ですでに薄毛になってしまいました。
症状はM字ハゲといわれるタイプの抜け方で額のこめかみ付近からどんどん生え際が後退していきました。

ネットでM字ハゲについて調べてみると、M字ハゲは男性型脱毛症の方に良く見られる症状の一つだということがわかりました。
男性型脱毛症は医療機関での治療が効果的だということも分かりましたので、男性型脱毛症の治療を受けられるクリニックを探し治療をお願いしました。
わたしが受けた治療法は主に薬物を服用することによる治療方法でした。
内服した薬はプロペシアとミノキシジルでした。
医師の診断の元処方してもらったので安全性は確かでした。
プロペシアとミノキシジルは体質によって副作用が出る場合もあると説明を受けましたが、わたしの場合は全く副作用の症状が出ることがなかったです。
おかげで健康を害することなく薄毛治療に取り組むことができました。
プロペシアとミノキシジルの効き目は素晴らしく、M字ハゲの部分からも髪の毛が生えてくるようになりました。
それも産毛のような細い髪の毛ではなく、しっかりした太くボリュームのある髪の毛が生えてきました。
M字ハゲを改善するにはクリニックで専門家に治療をお願いすることが正解だと思っています。
M字ハゲ育毛剤のサプリメントを使用する